今日お金借りたい

\[PR]即日融資のおすすめ1位/

トップページ

「どうしても今日お金が必要…」
「急な出費で現金が足りない…」
「給料日前にピンチに…」


こちらでは、今日中にお金を借りたい方のために、即日で借りれるカードローン会社をご紹介しています。

大手の消費者金融会社であれば、Web申し込みが可能な上に振込融資にも対応しているため、誰にもバレずに安心・安全に借り入れることができます。

\今日中にお金借りれる!/
[PR]おすすめの即日融資はこちら

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短3分

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • 最短3分で融資も可能
    お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • Web完結で契約できる
    Web申し込みなら全ての手続きがネット上で完了。家族にバレるリスクが他社より低いです。
  • 初めてなら30日間利息0円
    はじめてプロミスを利用する方で、メールアドレス登録とWEB明細利用登録をした方は、30日間無利息でお借り入れが可能です。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、学生や主婦でもアルバイトやパートで収入がある18歳以上74歳以下の方ならお金が借りれます(※但し、収入が年金のみの方はお申込いただけません。)ただし、お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。また、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
  • 1,000円単位で借りれる
    限度額に関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます。
  • スマホなら専用アプリが便利
    プロミスのアプリなら今すぐ書類審査の申し込みができます。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。 外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要となります。

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら毎月2,000円と、返済金額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が低く設定されているため、無理なく返済できるので安心です。

\最短18分で融資OK/
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円

※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
最短18分

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
  • 今日中に借りれる
    お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
  • はじめての方なら契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで収入があるならお金が借りれます(※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で審査基準を満たす方)

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みを導入。この期間内に返済を行うことで、次回の返済期日が延長されるという仕組みです。返済金額は、借り入れ金額ごとに変動しますが、10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していく形になります。

今日お金の借り方まとめ

どうしても今日中にお金が必要な方向けに、今すぐ借りれる即日カードローンをご紹介しました。

ネット申し込みが可能なカードローンは利用しやすく、パソコンやスマホを使って24時間365日いつでも申し込みできます。また、来店不要で借り入れできる便利な世の中となりました。

平日に限らず土日祝日も借り入れできるので、緊急時にも慌てることなく利用できるのではないでしょうか。

ただし、すぐに現金が借りれるからと、くれぐれも借りすぎには注意して下さいませ。

即日融資Q&A

今日お金を借りたい方におすすめなのが、即日融資ができる借入先。大手キャッシング会社なら、即日キャッシングに対応している会社がほとんどです。

ただし、当日中にお金を借りるには各社で条件があったり、いくつか気を付けておきたい注意点があります。

こちらでは、即日融資に関するよくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。良ければ参考にしてみて下さい。

Q.どうやったら今日中にお金借りれますか?

A.最短でお金を借りるなら、ネット申し込みがおすすめです。

まず、即日融資にも対応している金融機関を選ぶことはもちろんですが、今すぐ借り入れたいならパソコンやスマホを使ってネットから申し込みするのが一番早い借り方になります。

ネットから申し込むと、「来店不要」「アプリで必要書類を提出」「24時間365日いつでも申込OK」とメリットが多いのが特徴です。

そして、契約完了後は「振込キャッシング」を選択することで、すぐにお持ちの銀行口座から現金を引き出すことが可能になります。プロミスなら瞬フリサービスを利用することで、最短10秒で指定口座への入金が完了しますよ。

Q.土日や祝日でも即日で借りれますか?

A.はい。土日祝日でも、お盆休みや年末年始でも即日融資に対応しています。

ただし、土日祝日でも審査を行なってくれる即日カードローンでは、勤務先への在籍確認がとれるかどうかがポイントになってきます。

もし土日に勤務先が休みだった場合は在籍確認がとれません。そうなると今日中に借りれないのかというと、ケースバイケースで借りれる場合もあるようです。

どうしても今日中にお金が必要な事をカードローン会社に伝えること、そうすれば在籍確認を契約後の平日に延期してくれるケースもあるようです。

お急ぎの方は、何とか即日融資をしてもらえるようスタッフに相談してみることをおすすめします。

Q.即日融資で申し込むときに必要な書類を教えてください

A.基本的には運転免許証があればOKです。

プロミスアイフルともに、借入希望額が50万円以下の場合には、必要書類は運転免許証のみでOKです。

運転免許証をお持ちでない場合は、パスポートや健康保険証、住民票や個人番号カード(マイナンバーカード)などを用意してください。

本人確認書類とは

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証
  • パスポート

収入証明書とは

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1か月)
  • 市民税・県民税額決定通知書
    (最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

今日お金を借りるコラム

今すぐにでもまとまったお金が必要なのに、訳あって貯金は利用できない、といったお困りの状況だったら便利なキャッシングがあります。毎月一定の収入を得ている派遣社員やアルバイトの方ならば融資を受けることが可能ですし、配偶者の方がお勤めであれば、専業主婦のあなたも融資を受けることができる業者も存在するのです。


決まった条件を満たしていたら、すぐにでも融資が受けられます。カードローンだけの話ではないのですが、お金を借りようと思ったときに、お金を貸す側が最も重視するのが、お金を借りる側に「返済できる能力があるかどうか」という事だと思います。

ですので、今後、住宅ローンの審査を受けるにあたって、カードローンを利用していると、果たして住宅ローン返済の予定が立つのか、あるいはそのような能力があるのか、という点を見ると良い評価にはならないでしょう。お金が必要なことになりキャッシングしようと思っても債務整理中の身なのでお金は借りられないと諦めている人も多くいると思いますが、諦めるのはまだ早いかもしれません。ちゃんと調べてみると債務整理中であったとしてもお金を融資してくれる金融機関はちゃんと存在します。

諦める以前にじっくり探してみると良いと思われます。アコムに融資してもらうのが初回であると最高30日間は利子がつかないそうです。たった今、あるサイトで拝見しました。


それなら手持ちがちょっと足りない時に思ったより気楽に使えるように思います。私は、家庭用掃除機ルンバがあったらなと思ってるのですが、そのために活用しようかなと思いました。
個人事業主として数年の経歴を持っています。



収入では、余裕のある時もあり、その逆もありますね。

アクシデントで、ディスプレイに不備が出てしまったので、パソコンを大至急で用意するために、キャッシングを利用したいと思っています。


過去にローンの審査などをしたことがなく、どんなものか把握できていないのですが、アルバイト、正社員以外でも問題はないのでしょうか。キャッシングの借り換え先の選定のときは、まず低金利であるかどうかを確認することが優先事項です。銀行系のキャッシングは低金利なのですが、審査に通りにくく、審査結果が出るのも遅いのが困るところです。

他にも元々借りていた先のローンが低金利であった場合、審査も厳しくなるため、よく考えて借り換えをしましょう。

クレジットカードを作る時に、希望するならばキャッシング枠を申請できます。

申請用紙のキャッシング枠に貸付額を記入します。

ですが、業者の審査結果によっては、キャッシング枠を付けてもらえないこともあるでしょう。

法律で定められた総量規制があるので、キャッシング枠を付けることができないケースも少なくありません。
それに、比べてみると金融機関が提供しているキャッシングサービスより、クレジット会社のキャッシング枠の方が利率が高くなる傾向があるようです。クレジットカードにキャッシング枠があれば、わざわざローンカードを申請する必要が無く使い勝手は良いのですが、すぐにクレジット会社に申請するよりも、さまざまな業種のキャッシングサービスを確認してから納得できる業者のサービスに申し込むことをおススメします。


今はキャッシングにも魅力的なオプションがついていて、サービスによっては無利息サービスを受けることができるキャッシングも増えています。しかし、対象者になるのかどうかは業者の設定した条件で変わってきますから、申込する前に比較検討するようにして下さい。特に無利息の対象がいつからなのかということは忘れがちですから、きちんとチェックしてください。一方で、返済の時に手数料が必要になると、せっかくの無利息分が利益にならないケースもありますので、返済方法も確認しておきましょう。まとめて全額が返済できる程度のキャッシングなら、無利息で大丈夫な期間を作っているところを利用すると、普通なら必要なお金がかかりません。無利息の期間内に借りた金額を返済できれば利息が一円も発生しないということになりますので、使い勝手が良く多くの人に利用されています。一括での返済が難しいような場合であっても、貸し手として無利息期間を設けているような業者の方があらゆる場面でお得なことも少なくないので、いろいろなところを比較検討すると良いでしょう。

即日融資お役立ち情報

\今日お金借りたいなら/
即日融資NO.1のプロミス

\安心の低金利/
[PR]最短3分の即日融資
↓ ↓ ↓
240×120スマートフォン用
>>プロミス公式へ<<
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます

今日中にお金借りるならこちら↓

最短1時間