今日お金借りたい

\[PR]即日融資のおすすめ1位/

トップページ

「どうしても今日お金が必要…」
「急な出費で現金が足りない…」
「給料日前にピンチに…」


こちらでは、今日中にお金を借りたい方のために、即日で借りれるカードローン会社をご紹介しています。

大手の消費者金融会社であれば、Web申し込みが可能な上に振込融資にも対応しているため、誰にもバレずに安心・安全に借り入れることができます。

\今日中にお金借りれる!/
[PR]おすすめの即日融資はこちら

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短3分

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • 最短3分で融資も可能
    お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • Web完結で契約できる
    Web申し込みなら全ての手続きがネット上で完了。家族にバレるリスクが他社より低いです。
  • 初めてなら30日間利息0円
    はじめてプロミスを利用する方で、メールアドレス登録とWEB明細利用登録をした方は、30日間無利息でお借り入れが可能です。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、学生や主婦でもアルバイトやパートで収入がある18歳以上74歳以下の方ならお金が借りれます(※但し、収入が年金のみの方はお申込いただけません。)ただし、お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。また、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
  • 1,000円単位で借りれる
    限度額に関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます。
  • スマホなら専用アプリが便利
    プロミスのアプリなら今すぐ書類審査の申し込みができます。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。 外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要となります。

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら毎月2,000円と、返済金額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が低く設定されているため、無理なく返済できるので安心です。

\最短20分で融資OK/
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円

※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
最短20分

※受付時間によっては、振り込みが翌営業日となる場合あり
  • 今日中に借りれる
    申し込み状況によってはご希望に沿えない場合もあり。ご注意ください。
  • はじめての方なら契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで収入があるならお金が借りれます(※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で審査基準を満たす方)

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みを導入。この期間内に返済を行うことで、次回の返済期日が延長されるという仕組みです。返済金額は、借り入れ金額ごとに変動しますが、10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していく形になります。

今日お金の借り方まとめ

どうしても今日中にお金が必要な方向けに、今すぐ借りれる即日カードローンをご紹介しました。

ネット申し込みが可能なカードローンは利用しやすく、パソコンやスマホを使って24時間365日いつでも申し込みできます。また、来店不要で借り入れできる便利な世の中となりました。

平日に限らず土日祝日も借り入れできるので、緊急時にも慌てることなく利用できるのではないでしょうか。

ただし、すぐに現金が借りれるからと、くれぐれも借りすぎには注意して下さいませ。

即日融資Q&A

今日お金を借りたい方におすすめなのが、即日融資ができる借入先。大手キャッシング会社なら、即日キャッシングに対応している会社がほとんどです。

ただし、当日中にお金を借りるには各社で条件があったり、いくつか気を付けておきたい注意点があります。

こちらでは、即日融資に関するよくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。良ければ参考にしてみて下さい。

Q.どうやったら今日中にお金借りれますか?

A.最短でお金を借りるなら、ネット申し込みがおすすめです。

まず、即日融資にも対応している金融機関を選ぶことはもちろんですが、今すぐ借り入れたいならパソコンやスマホを使ってネットから申し込みするのが一番早い借り方になります。

ネットから申し込むと、「来店不要」「アプリで必要書類を提出」「24時間365日いつでも申込OK」とメリットが多いのが特徴です。

そして、契約完了後は「振込キャッシング」を選択することで、すぐにお持ちの銀行口座から現金を引き出すことが可能になります。プロミスなら瞬フリサービスを利用することで、最短10秒で指定口座への入金が完了しますよ。

Q.土日や祝日でも即日で借りれますか?

A.はい。土日祝日でも、お盆休みや年末年始でも即日融資に対応しています。

ただし、土日祝日でも審査を行なってくれる即日カードローンでは、勤務先への在籍確認がとれるかどうかがポイントになってきます。

もし土日に勤務先が休みだった場合は在籍確認がとれません。そうなると今日中に借りれないのかというと、ケースバイケースで借りれる場合もあるようです。

どうしても今日中にお金が必要な事をカードローン会社に伝えること、そうすれば在籍確認を契約後の平日に延期してくれるケースもあるようです。

お急ぎの方は、何とか即日融資をしてもらえるようスタッフに相談してみることをおすすめします。

Q.即日融資で申し込むときに必要な書類を教えてください

A.基本的には運転免許証があればOKです。

プロミスアイフルともに、借入希望額が50万円以下の場合には、必要書類は運転免許証のみでOKです。

運転免許証をお持ちでない場合は、パスポートや健康保険証、住民票や個人番号カード(マイナンバーカード)などを用意してください。

本人確認書類とは

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証
  • パスポート

収入証明書とは

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1か月)
  • 市民税・県民税額決定通知書
    (最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

今日お金を借りるコラム

消費者金融からお金を借りる手続きをしたいと思う場合、いくらまで借りることが可能なのか?と疑問に感じる方も大多数だと思います。可能な限り多く借りられるようにしたいと思うかもしれませんが、法律に則って年間収入の1/3までしか借り入れができないのです。まとめて返済する方式が可能なキャッシングなら、利息が適用されない期間を用意してくれている業者を利用すると、その利息分の節約ができます。

借りた分のお金だけ無利息期間中に返せれば普通なら必要なはずの利息がゼロというわけなので、これはたいへんお得で便利なサービスなのです。


一括で全額返済を希望していなかったとしても、貸し手として無利息期間を設けているような業者の方がお金を借りる際有利な点も多いようなので、まずは詳細を調べて比較してみてください。付き合いが希薄だと言われる現代ですが、出費はいきなり降ってくるものです。


そんなときに軽い気持ちで知人に借りて気まずくなるよりはキャッシングがおすすめです。使いみちを限定していませんから、様々な出費において役に立つはずです。

手近なコンビニのATMなどで、必要な額だけを借り入れて、次のお給料でスパッと一括返済すれば、無利息で利用できるサービスも増えています。金額や使途にもよりますが、人間関係を難しくするような借金はできれば避けたいですね。1枚はカードは持っておけというのは、こういうことでしょう。どんなときに役に立つか分かりませんから。
以前に、30万円ぐらいをキャッシングで借入申込みを行ったのですが、断られました。
考えてみるとたぶん、就職してまだ日が浅いということもあり、そこまで信用がなかったのだろうと思うので、それが原因だったんだろうなと思います。
致し方ないので、10万円に引き下げることし、その金額だと大丈夫だと言われなんとか審査に通りました。キャッシングは、ニートのような人でも利用できるということではありません。


ニートは収入がないので、キャッシングに必要となる条件をクリアしていません。
自分でお金を得ることができる人でなければならないので、ニートはキャッシングで借金ができる対象にあてはまらないという意味です。

消費者金融で現金融資してもらう際の一番難しいところは審査をパスすることでしょう。
審査がどうなるか心配な人は大手消費者金融会社のホームページにある簡易審査をやってみることで心配な気持ちが減ると思います。


ですが、簡易審査をクリアしたからといって、本審査が必ず通過できるというわけではありません。


個人事業主になって数年が経ちました。安定した収入というよりは、良い時もあれば、そうでないこともよくあります。
アクシデントで、ディスプレイに不備が出てしまったので、大至急、代わりを用意するため、キャッシングをしたいのですが、今までローンの審査などとは無縁だったので、全くわからないのですが、アルバイトや正社員ではない私でも問題はないのでしょうか。
誰もが普通にインターネットを利用できるようになってどこにいてもパソコンやスマホで借り入れ可能になり、かなり利用しやすい環境が整ったと言えるでしょう。ちなみに、実際にキャッシングができるのは18歳以上か、普通は20歳以上の仕事を持っていて継続的で安定した収入が見込めるような人です。



キャッシングに関して、必要となる利子は会社ごとでまちまちであり、パーセンテージに開きがあります。
なるべくなら、低金利のキャッシング会社を探すことが重要なポイントとなってくるでしょう。ちょっとだけキャッシングしたいけど、はてキャッシングの出来る最低の金額って、いくらぐらいからなんだろう、という方も多いのではと思います。それについては一般的に個人融資によるキャッシングの最低金額は、1万円という金額になりますが、千円単位でのキャッシングも行っている金融会社も存在します。


即日融資お役立ち情報

\今日お金借りたいなら/
即日融資NO.1のプロミス

\安心の低金利/
[PR]最短3分の即日融資
↓ ↓ ↓
240×120スマートフォン用
>>プロミス公式へ<<
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます

今日中にお金借りるならこちら↓

最短1時間