今日お金借りたい

\即日融資のおすすめ1位/

トップページ > 沖縄県

「急な出費で現金が必要…」
「とにかく今日中にお金が必要…」
「給料日前にピンチに…」


沖縄県で今日中にお金を借りたい方必見。こちらでは、即日で借りれるカードローン会社をご紹介しています。

沖縄県で今すぐお金を借りたいなら、大手の消費者金融がおすすめ。Web申し込みが可能な上に振込融資にも対応しているため、誰にもバレずに安心・安全に借り入れることができます。

\今日中にお金借りれる!/
おすすめの即日融資はこちら

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • Web完結で契約できる
    Web申し込みなら全ての手続きがネット上で完了。家族にバレるリスクが他社より低いです。
  • 初めてなら30日間利息0円
    沖縄県ではじめてプロミスを利用する方で、メールアドレス登録とWEB明細利用登録をした方は、30日間無利息でお借り入れが可能です。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    沖縄県の派遣社員、契約社員の方はもちろん、学生や主婦でもアルバイトやパートで収入がある18歳以上69歳以下の方ならお金が借りれます。ただし、お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。また、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
  • 1,000円単位で借りれる
    限度額に関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます。
  • スマホなら専用アプリが便利
    プロミスのアプリなら今すぐ書類審査の申し込みができます。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。 外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要となります。

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら毎月2,000円と、返済金額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が低く設定されているため、無理なく返済できるので安心です。

即日融資にも対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    お申し込み時間によっては翌日になることも。ご注意ください。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    沖縄県の派遣社員、契約社員の方はもちろん、20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで収入があるならお金が借りれます。
  • 初回は30日間利息0円

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みを導入。この期間内に返済を行うことで、次回の返済期日が延長されるという仕組みです。返済金額は、借り入れ金額ごとに変動しますが、10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していく形になります。

今日お金の借り方まとめ

どうしても今日中にお金が必要な方向けに、今すぐ借りれる即日カードローンをご紹介しました。

ネット申し込みが可能なカードローンは利用しやすく、パソコンやスマホを使って24時間365日いつでも申し込みできます。また、来店不要で借り入れできる便利な世の中となりました。

平日に限らず土日祝日も借り入れできるので、緊急時にも慌てることなく利用できるのではないでしょうか。

ただし、すぐに現金が借りれるからと、くれぐれも借りすぎには注意して下さいませ。

沖縄県の方向け即日融資Q&A

沖縄県で今日お金を借りたい方におすすめなのが、即日融資ができる借入先。大手キャッシング会社なら、即日キャッシングに対応している会社がほとんどです。

ただし、当日中にお金を借りるには各社で条件があったり、いくつか気を付けておきたい注意点があります。

こちらでは、即日融資に関するよくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。良ければ参考にしてみて下さい。

Q.どうやったら今日中にお金借りれますか?

A.最短でお金を借りるなら、ネット申し込みがおすすめです。

まず、即日融資にも対応している金融機関を選ぶことはもちろんですが、今すぐ借り入れたいならパソコンやスマホを使ってネットから申し込みするのが一番早い借り方になります。

ネットから申し込むと、「来店不要」「アプリで必要書類を提出」「24時間365日いつでも申込OK」とメリットが多いのが特徴です。

そして、契約完了後は「振込キャッシング」を選択することで、すぐにお持ちの銀行口座から現金を引き出すことが可能になります。プロミスなら瞬フリサービスを利用することで、最短10秒で指定口座への入金が完了しますよ。

Q.土日や祝日でも即日で借りれますか?

A.はい。土日祝日でも、お盆休みや年末年始でも即日融資に対応しています。

ただし、土日祝日でも審査を行なってくれる即日カードローンでは、勤務先への在籍確認がとれるかどうかがポイントになってきます。

もし土日に勤務先が休みだった場合は在籍確認がとれません。そうなると今日中に借りれないのかというと、ケースバイケースで借りれる場合もあるようです。

どうしても今日中にお金が必要な事をカードローン会社に伝えること、そうすれば在籍確認を契約後の平日に延期してくれるケースもあるようです。

お急ぎの方は、何とか即日融資をしてもらえるようスタッフに相談してみることをおすすめします。

Q.即日融資で申し込むときに必要な書類を教えてください

A.基本的には運転免許証があればOKです。

プロミスアイフルともに、借入希望額が50万円以下の場合には、必要書類は運転免許証のみでOKです。

運転免許証をお持ちでない場合は、パスポートや健康保険証、住民票や個人番号カード(マイナンバーカード)などを用意してください。

本人確認書類とは

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証
  • パスポート

収入証明書とは

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1か月)
  • 市民税・県民税額決定通知書
    (最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

今日お金を借りるコラム

借金に慣れていない人が陥りやすい問題をお教えしましょう。それほど難しいことではありません。

基本は、このくらいなら返済できると思っても、見栄を張らず1回の金額を出来る限り抑えることです。
借金返済の道には魔物が潜んでいて、返済開始直後には、完済のイメージが大きく頭の中を占めており、大した算段なしで返せるもので、このまま返済し続けることが思いのほか簡単なことであるという錯覚に陥りやすいのです。

そうは言っても、思い通りにいく訳ないのが、この世の常です。
返済も後半になってくると、当初のありがたみは薄れ、お金を搾取されているかのような気持ちにさえなってくるのです。即座に返済不能になる可能性を低くするべく、再考を重ねて更にワンコイン分ほど落としてください。


会社や個人によっては、下限額の引き下げに応じてくれないところもあるかもしれませんが、完済は双方の利益になりますから、とにかく交渉あるのみです。新しくカードローンを申し込むと、かならず審査があります。

そのプロセスのひとつとしてカード会社から勤務先へ電話がかかってくる場合があり、これを在籍確認と言います。
すべての人にかけるわけでなく、かかってこないこともあります。

しかし、社内に知れるのではと思うとあまり気持ちが良いものではないですよね。
でも、このような確認の電話を行わずに貸付けを行う業者も増えました。対応のきめ細かさでは、大手に優るものはないでしょう。職場への電話を控えてもらいたいと伝えると、勤務実態のわかるような保険証、その他の書類で済ませてくれることがあります。

オペレーターが疑問に答えてくれるので、電話で確認するといいでしょう。



信用度の高い会社員に対して、自営業者ではキャッシングサービスの審査で比較的厳しい評価をうけやすいようです。
多くの自営業者は、時期によって経営状況にばらつきがあるので、返済能力を見るのが難しくなるのがその理由です。
当然、全く融資を受けられないわけではなく、申し込んだサービスによっては自営業者でも問題なく審査に合格し、融資を受けられることもあるものの、利用限度額は、会社員と比較しても低く設定されます。なお、携帯電話しか持っていない自営業者の場合、融資できないキャッシングサービスも多いので、注意しておきましょう。
消費者金融やカードローンなどから借り入れする際には、融資可能かどうかの判定をパスしないと始まりません。仕事内容や年収、キャッシング歴の有無などきちんと返済可能かどうかということを業者が査定するのです。借金をする場合の審査というのは、早いところですと目一杯時間を使ったとしても大体三十分ぐらいですべての手続きが完了することになるのですが、申込時に記入した仕事先に籍があるかチェックしてから融資がこの段階で初めてスタートするということですので、申請書の記入ミスなどにも気をつけていく必要があります。

お金を貸すと、頭を悩ませることになるかもしれません。

名前を借りるだけでも危険です。軽い気持ちでお金を借りようとして金融業者に自分の年収を証明する書類の提出を促されることもあるでしょう。

提出後、さらに上限額は年収の3分の1なのです。

そのため、さらにお金を借りたい人がやってしまうのが、自分ではなく、他人名義でのキャッシングです。


しかし、それはお金を借りるのと同義ですので、避けてください。

一般的に、実際にキャッシングを利用しようと思った場合、申し込んだ後に審査を受けなくてはいけません。
無事に審査を通れば、早い時間に申し込んでいる場合、即日で貸し付けてもらえます。ですが、残念ながら審査に通らないケースもままあります。

申し込みは金銭的な負担はありません。
なので、あらかじめ申し込みを済ませておくと、いざと言う時に、申し込みの手間や審査に落ちて融資を受けられないといったリスクを避けることができます。キャッシングと聞けば、カードローンと変わらないものだと思いがちですが、返済の方法が異なります。一括返済をするという前提でクレジットカードで現金を引き出すのがキャッシングで、分割払い希望の際はカードローンと呼ばれています。カードローンは月々の返済は簡単ですが、利息がかかりますし、どちらにしても延滞の際には注意をしなければなりません。クレジットカードを使用して、お金を借りるのをキャッシングという表現をしています。キャッシングの返済のパターンは基本的に翌月一括返済の場合が多いでしょう。


一括で返済すれば、ほとんどが無利息ですし、急にお金が必要になっても対応が可能ですから、うまく利用している人が増加しています。


カードローンの名の通り、ATMを利用してカードで借入するのがメインとなっています。ですが、広くネットが使われるようになったので、銀行口座への振込みを利用して借入する人も多くなりました。最近は、ケータイとかスマホを利用してネットに接続できるようになったので、指定口座へすぐに振り込みしてくれる業者も多いです。

沖縄県即日融資お役立ち情報

\今日お金借りたいなら/
即日融資NO.1のプロミス

沖縄県で今日中にお金借りるならこちら↓